アレンジごはんのブログ 

2020年 変化飯・アレンジごはん

簡単レシピ アレンジごはん1/25

こんにちわ。

今日は晴天なり。
空気のきれいな気持ちのいい日になりました。

洗濯モノがたくさんあって(笑)干すのも気持ちいいですね~。
雨が降ったあとは、畑の土もキラキラしてますよ。
あとから野菜の切れ端を畑に戻しに行ってきます。


昨日は、正月前に頂いたキムチがあったので、チゲ鍋にしました~。
キムチ鍋は、あまり好まないのですが、韓国料理に興味がある辛いの苦手な息子のために、食べやすい辛さでつくってみました。

今までは、飲食店のPOPや割引券なども自分でつくっていたので、やめた今「使う時はあるのかな~。ムダなモノになるとな~」とか散々、悩んだ末(笑)この前は在庫なしで・・・不必要ってことかな~って都合のいいように思っていましたが、今日懲りもせず(笑)
ネットでコピー機見ていたら、なんと在庫が・・・ありってことは・・・買えってことかぁ~(笑)都合のいいように・・・。
コピー機は購入することにしました~パチパチ👐

今後の仕事を、旅行しながらご当地グルメを食べたり、温泉入ったりゴルフしながら感想記事を書いたりするだろうから・・・となると、なんかコピー機要りますよね(笑)
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ


急にフランスパンが食べたくなったので、お気に入りのパン屋さん行ってきます。



今日は、甘酒のために購入した酒粕が残っていますので、酒粕のアレンジします。

豚ロース肉の生姜酒粕漬け焼きです。
(ざっくり目分量でOK)

①豚肉ロース 厚切り 2枚
(フォークで全体に穴をあけ、包丁でグローブカットに)豚肉の筋を切るように、数カ所切り目をいれる事で豚肉が丸まりにくくなります。
②酒粕 70gくらい
お湯 70mlくらい
(酒粕はお湯で少しずつ溶いておきます)
③塩 少々
④みりん 大さじ1くらいくらい
⑤すりおろし生姜 大さじ1/2くらい
⑥りんご 1/4個くらい
(りんごはすりおろします。なければリンゴジュースOK)
⑦しょうゆ 大さじ1くらい
⑧酢 大さじ1くらいくらい
⑨サラダ油 大さじ1くらい

A ①~⑥まで密閉袋に全てを加え、軽く揉み込んだら冷蔵庫で4時間程度冷やします。
B ペーパーで軽く酒粕を落とし、フライパンに⑨入れて火が通るまで焼きます。
C フライパンに残った油に⑦醤油と⑧酢を加えて一煮立ちさせてソースを作り、お皿に盛りソースをかけたら完成。
焼いた柔らかい肉が好きな人にはおススメです。


酒粕漬け焼きのコツ
塩を加えて他の調味液がしみ込みやすくなっているので、数時間寝かすだけでも味が染み込んでいきます。
焼く際には、焦げ付かないように酒粕はキッチンペーパーで軽く拭き取ってください。

ユーチューブや料理本から調味料の量は基本にして掲載しています。
味の濃さなどは好みで増減して、ご自分の好きな味の濃さでOK。

2月からは、主に長期保存可能の備蓄食材を使ってアレンジ調理をつくっていきたいと思います。
何より好きなモノや、気分があがる商品は備蓄にはあった方がいいですよ~.

電気が止まったら、全てのモノが止まりますので、水・ガス缶も邪魔にならない程度の量の備蓄はおススメします。
少しでもお役に立てたら嬉しいです。

ブログを読んでいただいてありがとうございました。