アレンジごはんのブログ 

2020年 変化飯・アレンジごはん

簡単レシピ アレンジごはん1/19

こんにちわ。


昨日、畑でおばあちゃん師匠からなばなを頂きましたので、今日はなばなアレンジレシピにします。
なばなを食べるときは、こんな風にいただけた時かな~。


菜の花の中で、特にセイヨウアブラナは身近に使われている野菜で、菜種油やキャノーラ油と言われる食用油はセイヨウアブラナから作られていて、日本では特に身近な食用油です。

癌やアレルギーなどを予防、血液サラサラ効果

菜の花は、野菜として栄養成分はカリウムや鉄、マグネシウムなどのミネラルやビタミンC、βカロテンなどさまざま栄養素をたくさん含んでいて癌の予防になり、大切なミネラルも菜の花にはたくさん含まれていてビタミン以外や食物繊維以外でもカリウム、カルシウム、リンが豊富。
アブラナ科の独自の風味になるイソチオシアネートなども含まれている。

どんな調理方法でも、どんな食べ方でも便秘改善に効果的

なばなは便秘改善などに効果がある食物繊維も豊富で、サラダで食べるキャベツ100gで計算すると2倍以上になり、水に溶け出してしまう水溶性食物繊維が少ない。


タンパク質は人参よりも高くて、アブラナ科の野菜のなかでは栄養価が高い。
畑の牛肉と言われる大豆などの豆類と比べるとタンパク質も炭水化物も低いですが、野菜としては高めです。

(栄養価は100gでの計算)

抗酸化作用、老化防止、アンチエイジングに効果

菜の花はバランスよく含んで特にビタミンC、ビタミンK、葉酸は多く含まれている。
ビタミンCはレモン果汁100g(ml)で計算すると、約3倍近く含まれていて菜の花100gあたり130mgも含まれ、ほうれん草と比べ約3倍となり菜の花にはビタミンだけでも栄養素が豊富。

材料(ざっくり目分量)

①なばな
(塩一つまみと油小さじ1杯入れて湯通しておきます)
②にんにく醤油
a(ニンニク1片刻んでおく、大きさは好みでOK)
b(醤油大さじ2杯)
③干しエビ
④しめじ
(好きなきのこOK)
⑤オリーブオイル 大さじ1~2杯くらい
(好きな油でOK)
⑥ 黒コショウ・塩 少々
(味付けは好みでOK あらびきコショウやからしなど)

③ ベーコンやソーセージに代用OK スパゲティ・パスタ類、スープにアレンジできます
④ 好きな野菜の代用OK スープにもアレンジできます。

A ⑤をフライパンに入れてから加熱します。②aと④を入れて炒めて①をいれて、さらに炒めて混ぜ合わせます。
B Aに③を入れてまぜ合わせたら鍋肌に②bを入れたら素早く炒めたら⑥を好みで振って出来上がりです。

意外と身近な栄養満点の野菜で、冬には簡単に育てていけますのでおススメします。



少しでもお役に立てたら嬉しいです。


ブログを読んでいただいてありがとうございました。