アレンジごはんのブログ 

2020年 変化飯・アレンジごはん

簡単レシピ アレンジごはん1/13

こんにちわ。

昨日の子どもの夜ご飯は、玉ねぎ多めの牛丼と大根味噌汁にしました。
男の子は味付けご飯?が好きですかね~(笑)チャーハンとか親子丼とか・・・。

毎日の味噌汁をつくっていますので、栄養バランス的にはOK。

年末にサツマイモをたくさん買ったので、丸々1個使って柔らかクッキーつくりました。
子どもは、身体に良さそうだと食べてくれますが、今回は200枚くらいになりましたので(笑)
毎日の牛乳1L1本飲んでいます(笑)おやつになるからいいかな。

先日、甘酒の話を記事にしましたが、今日はこの時期ならもちが残っている場合のアレンジで紹介しようと思います。

先ずは、ぜんざいの小豆の方です(笑)

今回は炊飯器ですが、色んな機能がついてあれば◎
ヨーグルトをつくる器具などあれば◎保温に

米麹を使うと砂糖が要らないので、甘さは欲しいけど身体に良いモノがいい人には〇。
モチ米と麹でつくった甘酒が好きな方には、麹の酵素が身体の助っ人になりますので、食パンやどら焼きなどで発酵あずき感覚で食べてもらえると思います。

材料(ざっくり目分量です)

①小豆 200gくらい
②麹 200gくらい 乾燥麹はほぐしておきます。
③塩 少々
④煮る水 適量
⑤炊飯用の水
炊飯器なら、水は3~4倍くらい
⑥ 濡れフキン


A まずは①小豆を水で良く洗い、ざるに取ります。鍋に小豆を入れて浸るほど④水をいれて、灰汁とえぐみを取るために10分ほど軽く茹でて、ざるに開けて洗います。

B 炊飯器にAを入れて⑤を入れて、機能によりますがあれば玄米で炊飯します。炊けて粗熱を取るところからは、甘酒といっしょの工程です(60度以下になったらOK)発酵がうまくいかないと甘味はいまいちになります。
C Bに②麹を入れてよく混ぜ合わせたら、フタは開けたままで保温機能にして、濡れフキンをかぶし8~10時間ほど発酵させます。
(炊飯器の機種によりますので、我が家の場合で説明)途中1~2回ほどかき混ぜます。

D Cに③を入れて甘味を整えて、良く混ぜあわせたら出来上がりです。
麹の粒が気になる時は、こしあんになるくらい潰しても美味しいです。

きれいな容器に入れて冷凍で1ヶ月くらい目安にしてください。冷蔵で4~5日くらい目安に。
少しでもお役に立てたら嬉しいです。

ブログを読んでいただいてありがとうございました。