アレンジごはんのブログ 

2020年 変化飯・アレンジごはん

簡単レシピ アレンジごはん1/9

こんにちわ。

朝晩、冷えますね~(笑)

寒いですが、お笑いライブを見に行ってきま~す。
毎年の年明け行事でしたが、去年は4月変更になったせいで(笑)コロナで中止・延期になったライブ~(笑)

「免疫力」に一番いいのは、太陽からの恩恵と幸せを感じることです。
陽にあたって外の空気をたくさん吸って運動をして気持ちのいい日になり帰宅途中にお気に入りのラーメン屋さんで、いつもの?(店主が覚えてるとコレ)食べて幸せです。

「免疫力」を高めるためには、運動や質の良い睡眠、あとはストレス解消です(笑)先ずは好きなことをしてください。
コロナ変異のニュースは知ってたけど、年末年始も緊急で切迫した?雰囲気もなくお笑いとか、歌番組やテレビ報道、緊急事態と言いながら、11月以降も鎖国もなく、他国人を受け入れていたのになにが緊急事態なのかわかりませ~ん。

インフルよりコロナの死者が多く出ていれば、急を仰ぐような試みがあったかもしれませんが毎年のインフルより死亡率も低いのであえて数字エネルギーを使って怖さを煽ぐメディアと人混みや会食もダメなはずなのに学校の休校はなく電車の人の移動はOK、なんとも中途半端な状態で、コロナで煽ってまで飲食店などの経済を停止させたいのには他の意図があって政府が仕向けているとしか思えませんね~

いまはすでに季節性インフルも、10年以上前から冬のウィルスとして共有共生のような(笑)

100年前~の疫病の例を見ても、今回のコロナの変異も少しづつ弱毒化して、春先には気にしないウィルスになることも想定できます。
中共が作った「兵器」なのかもしれませんが、変異はウィルスの意識で変化していますので、最初のコロナとは違うモノかも

疫病として現れたコロナウィルスでしたが、ウィルスは人を殺すためではなく、人間の進化で必要なことを教えてくれる存在だと思います。人の身体に免疫を創生させることや、かかるとどうなるのか?

例えば、コレラ、ペスト、水疱瘡、風疹、インフル、他のアレルギーや伝染病、疫病が流行ったときに、最初にかかる人は、必ずいるわけです。
この疫病などに、効果をもたらすためにワクチンや薬の開発や、菌などを研究する人もいますよね。

しかし、疫病や病気に、効果のあるワクチンや薬の開発、菌などを研究する人がいても、いまだにインフルでワクチンを打ってもかかる人もいれば打たなくてもかからない人、ワクチンの副作用で亡くなる人もいるわけです。

経験して亡くなる人も、生きていく人もいるということだけ。
「死ぬ」ことを悲しい感情で視ると、辛い想いになりますが「死ぬ」ことを、多くの人の役に立つため(生まれる時に本人が決める)と考えるならこの地球に存在するものはすべて1つということ
災害、火事、地震、交通事故など不幸と思えるようなことは、周りが不幸と決めているだけで実際に経験している方のなかには生きていく人も亡くなる人もいます。

「死」とは地球に存在する人間も生物と同様に未来につなぐ大きな意味もあるのかもしれません。

少しでも気軽になってもらえたら嬉しいです。

ブログを読んでいただいてありがとうございました。