アレンジごはんのブログ 

2020年 変化飯・アレンジごはん

アレンジごはん 簡単レシピ12/28備蓄編

こんにちわ。

昨日は、肉だけの宅配がたくさんきました~。
運んでもらっている宅配業さんには、いつもお世話になっているので心から感謝です。

昨日は、四川料理に行って、辛いモノたくさん食べてきました~。ビールと餃子は最高ですね~。自分でも餃子はつくって食べますが・・・専門店のモノは格別です(笑)
餃子も作り置きして、冷凍しておくことも良いですね。

今日は、朝から身体を動かしに山に行ってきます。

今年のおススメ備蓄は、まだまだたくさんありますが、やはり日本で自給率の低いもので、輸入量の多い食品をもう少し備蓄にしていくといいと思います。


好みのモノを毎日食べていた方なら、1年食べなくても大丈夫だったモノは、購入しなくても良いモノだと思いますね。
逆によく食べるもので、日本人の自給率の低いモノは購入は必要です。自給率の低いモノは、知らないうちにいまは、単価も上がっているはずです。


世界の情勢をみて、輸入が難しいことも想定して、好きなモノは購入しておけばいいだけです。
2021年になると、直に単価も大幅に上がってしまうかもしれません。

衣食住のうちで「食」の部分は、誰のせいでもなく自己責任そのものですので、いまのうちに購入しておいてください。

先日も記事にしましたが、2021年の飲食店は、営業の継続を希望しているのであれば、いまのうちに提供する商品に必要な材料を多く備蓄しておくことが、とても大事な行動だと思います。

基本の材料が無ければ、商品は作れませんので、営業継続が難しくなってしまいます。「営業をしたくても出来ない・続けたくても無理」と考えずに、代用ができることだったり、元手のかからないことでも、何かと障害が出て来ることも想定しておくと、やらなければならないことがわかってきます。
変革の時代なので、自分自身で変化を少し加えることで、気持ちも創っていけます。
お金は「幸せにしてくれるアイテム」ですが、モノに変えて「感謝を伝えるアイテム」だと思いますので、モノづくりの方々には、お金はとても大事ですが、その理由だけではなくて、本当に心の思うままに、楽しくお店を続けていけることを祈っています。

私はもともと、粉ものが好きなので、たくさん備蓄してありますが、今年の最終の配送で、年末年始と備蓄のために、無添加の納豆や黒豆や大豆食品を多く購入しました。
昨日のクッキーづくりで、やはりあると身体にいいと感じたものは、きな粉などの大豆食品があると、粗食であっても栄養のバランスが取れると思いますのでおススメです。

今日は、追加で油と海苔、大豆食品などを購入してみます。
来年の配送になるとおもいますが、これで安心です。

少しでもお役に立てたら嬉しいです。

ブログを読んでいただいてありがとうございました。