アレンジごはんのブログ 

2020年 変化飯・アレンジごはん

アレンジごはん 簡単レシピ12/23備蓄編

こんにちわ。

昨日は、久々に豚しゃぶを食べに行きました。
ごまだれとポン酢で頂きました。美味しかった~いつものように完食です(笑)

そこで、ポン酢を買うよりも手作りできるようにしておくと便利で、アレンジして料理の幅も広がりますので、備蓄の調味料でご紹介します。

今回は、①焼き魚に合う塩ポン酢と
②定番の鍋の醤油ポン酢のアレンジです。

材料(100ml分)

A ※(ゆず (計350g) 3個くらい決めなくて好みでOK)
代用は、橙やミカンでもOKです。

1. ゆずは半分に切ります。
絞り器で果汁を絞り、ザルで濾して、種を取り除きます

(好みでOK、濃い果汁そのままの出来上がったつゆに果汁を絞ってもOK)

B 酢 大さじ1~2杯くらい
C 昆布 (3cm×3cm) 1枚

・② 料理酒 大さじ1~2杯くらい
・② みりん 大さじ1~2杯くらい

①塩  小さじ1~2杯くらい
アレンジ代用 ② 醤油 大さじ1~2杯くらい
(味の好みでOK)

2. 鍋に昆布と①を入れて中火で煮ます。
沸騰直前まで温めたら昆布を取り出して、ひと煮立ちさせ、弱火で1分程煮たら火から下ろします。

3. 1とB酢を入れ、よく混ぜ合わせます。

4. 粗熱が取れたら出来上がりです。

いろいろなレシピや動画がありますので、好みのポン酢を作れるようになっておくと良いですね。
日本人が好きな調味料は塩、酢、醤油(みりん)昆布があると栄養のバランスもとれていいので、さしすせそ調味料と乾燥海藻の多種類の備蓄をおススメです。

基本の調味料があれば、めんつゆやだし醤油にもアレンジできます。乾燥の海藻があれば、だしは間違えなく美味しくなりますのでおススメです。
例えば、めんつゆを創ってから、乾燥昆布を2~3センチくらいに切ってから、漬け汁の器につゆと入れて一晩おけば、美味しいそばつゆになったり(私の好みですが・・・)。

調味料が多種類あれば、味の変化が創れますので、素材が同じでも和洋中の料理がたくさん出来ますよ~。

家庭菜園や水耕栽培も、いまのうちに要領を得て、これから楽しんでもらうこともおススメします。

少しでもお役に立てたら嬉しいです。

ブログを読んで頂いてありがとうございました。