アレンジごはんのブログ 

2020年 変化飯・アレンジごはん

アレンジごはん 簡単レシピ8/3

切って漬けてつくるレシピ

免疫力食材 夏野菜です。

こんにちわ。

はるsunです。


日本の食文化について、今年の3月からはてなブログにて記事にしていました。

今週中に、和食について本に書かれている方とお会いできることになりました。とても緊張しますが楽しみです。この方の周りのコミュニティーの中で、私と同じ思いで堆肥のフォーカスされている方がおられるみたいで、堆肥の材料が「自然のモノを自然に戻す」概念は同感のようで嬉しいです。

この時期は、体調を崩されませんように「免疫力」を高めて旬な食べ物を取り入れてください。(オクラやナス、旬な果物などです)
私のブログは、災害や食糧難や水不足を想定し、備蓄してある食材をペーストやジュレ、ピューレやスープにして余すことなく、全部食すアレンジごはんを紹介して、楽しんでもらったり、役に立てたらと思っています。
現時点では、ペーストのアレンジごはんより、免疫力があがる食材を使った調理を優先して紹介しつつ、たまにはペーストにするアレンジ調理をお伝えします。

今回の備蓄既製品食材は塩昆布です。

<2人前>ざっくり目分量です。

①塩昆布 大さじ杯くらい
②乾燥ニンニク 2~3枚くらい(指で少し細かく砕いたもの)
③ドレッシング めんつゆ・シソドレorうま塩ドレ 大さじ1杯くらい
(どんなドレッシングでも代用できます)
④きゅうり1~2本くらい(大きさにより好みでOK) 
生で食べれる野菜ならOK(大根やカブもおいしいです)

A.④を一口サイズに切って保存容器に入れます. 根菜類は薄切りがいいと思います。
B.①②③をAに入れて少し混ぜます。1~2時間置いたら浅漬け風に出来上がり。
数時間置いておくと漬物風になり、ごはんのお供になります。大人なら、刻んだ鷹の爪を1本入れてもピリ辛になり、美味しく食せます。

少しでもお役に立てたら嬉しいです。

ブログを読んでいただいてありがとうございました。