アレンジごはんのブログ 

2020年 変化飯・アレンジごはん

アレンジごはん 簡単レシピ6/6

アレンジごはん 切るだけでつくるレシピ

免疫力食材 根菜です。

こんにちわ。

はるsunです。

梅雨も近づいて、湿度も高くてだんだん蒸し暑くなってきました。今日は、雲りでしたので、まだ過ごしやすい日だったのかな。

料理の好きな方々や、飲食店の方にも見ていただける機会も、増えてきましたので調理法以外でも、保存法なども紹介していきたいと思います。

調理師免許の勉強には、色んな保存方法を覚えますが、今回のコロナの件で、生ものを提供される飲食店さんは、たいへん悩まれていたのではないかと思います。

これから先も、同じようなことが起きることを想定したら、生肉を加熱調理するのであれば、冷蔵だけではなく、真空保存で冷凍がいいのではと思います。冷凍だけでは、長くは持ちませんので真空パック保存が良いですね。生野菜に限っては、自家栽培をおススメします。

小麦粉は米粉に変えた料理にしてみたり、この機会に違うチャレンジ料理もおススメです。いま、足りないことを考えて悩むより、足りていることに感謝して、新メニューを創ってみたら楽しいとおもいます。

いま、畑地を2か所借りて、野菜をつくっています。形が悪くても、安心して食べれるものなので、生野菜が1番好きになっています。今回は、夏野菜のスティックのみで、食せることって幸せなメニューだと思いますので紹介します。

ざっくり目分量です。

①きゅうり 1本くらい
②ニンジン 1/2本くらい
③パプリカ 1個くらい
※好きな野菜を4~8等分に切ってください
④ヨーグルト 45g~60gくらい
(2時間くらいザルで水気を切る)そのままでも緩い感じになるので好みでOK
⑤味噌 小さじ1杯くらい
⑥すりごま 適量
⑦オリーブ油 小さじ1杯くらい
※マスタード、一味唐辛子、練がらしなど、好きな香辛料を少し入れても美味しいです。

A ①②③を冷水に入れて冷えたら器に移しておきます。
B 容器に④⑤⑥⑦※を入れて良く混ぜ合わせたら出来上がりです。
素材の味が好きなものは、塩だけでもそのままでも美味しいですね。ディップは味は好みで、濃くしたりしてアレンジを楽しんでください。味噌やごまも免疫力食材なので、これからの季節は食に取り入れていくと良いですね。


少しでもお役に立てたら嬉しいです。

ブログを読んでいただいてありがとうございました。