アレンジごはんのブログ 

2020年 変化飯・アレンジごはん

アレンジごはん 簡単レシピ 3/30

3/30 変化飯 免疫力食材 大豆きなこ


こんにちわ
はるsunです。

今日も、日本の食文化に感謝しながら、山芋を入れた具だくさん味噌汁を飲みました。
お味噌は毎日、お世話になっています。ありがとうございます。

毎日、免疫力をあげることが1番だと感じています。
免疫力って辞書で見ると簡単じゃなさそうですが・・・。
ゆっくり寝ることも大事ですよね。
運動したり、笑ったり、歌ったりすることも免疫力をつくるって聞きますので常に気にしています。

身体を温めたり、お風呂でリラックスもいいです。
私は好きですね。
昨日も、お風呂でホッとして疲れが取れて,ゆっくりいい睡眠がとれて、気持ちのいい目覚めでした。

良い気分のままブログを書いています。

毎日の食事も、習慣なので大切です。

身体的、精神的に自分の好む良い習慣で、免疫力を創ってあげていくといいですね。

免疫力食材のいも類も、種類がたくさんあります。
サツマイモ、ジャガイモ、自然薯、カボチャなどなど。
自然の恵みである土の中で育つ根菜、イモ類、しょうがなどは体を温めます。
進んで取り入れてください。

今の時代には、必要な免疫力をあげておくことが安心につながると思います。

今日の備蓄の既製品食品のアレンジごはんの食材は、大豆 きなこです。

<2人前>ざっくり目分量です。

①わらび餅粉 50~60gくらい 大さじ2杯くらい
(ない時には片栗粉で代用できます)
②水 100ccくらい
③レンコンの粉 10~20gくらい 大さじ1杯くらい 
ない時には①に分量を足してください。
(なくてもOK)根菜類なので書きました。
④レトルトのおしるこ 80ccくらい 小袋1/2くらい
⑤きなこ

A ①②③を鍋に入れてかたまりがなくなるまで混ぜます。
レンコンの粉が入るときは、色が付きます。
B Aを火にかけて、とろみが出るまで下から上にしっかり混ぜます。
C トロミが出たところで④をいれて混ぜ合わせます。
D 下から上に、しっかり混ぜて好みの固さにします。
E 容器に氷水を入れスプーンで一口分ずつ入れて冷やします。ある程度冷えたら水気を切っておきます。
F 器にEを入れて⑤をお好みの量をかけたら出来上がりです。

おしるこはそのままで美味しいです。
アレンジ食材でスイーツの分野でよく使わせてもらいます。

今回はおしるこを入れることで、砂糖を省きました。
おしるこを入れない時には、この分量に大さじ1杯の砂糖を入れて作れます。
後から好きな味を足せるのでおススメです。

このの調理工程は、電子レンジでも創れます。
火にかける部分を、電子レンジで数十秒ずつ何度も出して混ぜてを繰り返しながら好みの固さにします。

災害時や備蓄を確かめながら、アレンジごはんを創造しているとスゴイ発見があったりします。
備蓄の既製品食品のありがたい存在に、感謝しかないですね。
足りないことを考えるより、足りている今に感謝していると毎日が嬉しくなります。

少しでもお役に立てると嬉しいです。

ブログを読んでいただきありがとうございました。