アレンジごはんのブログ 

2020年 変化飯・アレンジごはん

アレンジごはん 簡単レシピ 3/24

3/24 変化飯 免疫力食材 漬物


こんにちは。
はるsunです。
今日も天気が良くて気持ちのいい日です。洗濯ものもよく乾いて有り難いです。太陽と風に感謝です。

本日から4月末までは先日、ブログに書いた免疫力をあげる食材と言われている既製品を使ってアレンジごはんをご紹介します。

今朝は、野菜の具だくさん味噌汁でした。先人の知徳から創りだされた産物はありがたいです。
味噌は、日本人なら当たり前に食している味噌汁がありますね。
世の中には、大昔に比べたら溢れんばかりに色々あって、無いものがないくらい味噌汁の具も選び放題で幸せです。
免疫力をあげる食材の中に、キノコ類や海藻があります。
定番のわかめやエノキの入った豆腐味噌汁はさすがですね。
いつもお世話になっております。ありがとうございます。

今回は、発酵食品の漬物を使います。
日々、免疫力をあげるといわれる食品を取り入れていけば、気も身体も元気になれると信じて自信をもって紹介します。
免疫力をあげるのには運動もあります。質のいい睡眠。日々、食べ過ぎないことがいいと思います。

人間には、自然治癒力がありますので、1日1食や少量を数回に分けるのをおススメしています。
災害時は備蓄の量のこともあります。
食せない時も想定しますので、食べ方のアレンジも、後々は免疫力をあげることにつながると思います。

高菜漬けや野沢菜漬けや、みぶなの漬物など葉物野菜の漬物はとてもおいしいですよね。
ごはんのお供にはありがたい食材です。

我が家には、梅干しや沢庵などの漬物は母が漬けていたので、常備してあり見かけていました。

現在は、野菜以外を漬物アレンジしている漬物屋さんもあって食すのが楽しいですね。
すごいです。

今回の備蓄食材はみぶなの漬物です。
細かく切ってあるものは短時間調理にはありがたいです。
葉物野菜の漬物なら野沢菜や高菜でもOKです。
沢庵やカブを細かく切って代用してもおいしいです。
元々味がついていますので調味料がほとんど要らない調理です。

ざっくり2人前です。
変化飯は、少量を数回に分けることをおススメしていますので、1人前が少な目です。
量はお好みでアレンジして美味しく食してください。

本日の備蓄既製品の食材は、
①みぶな 70~90gくらい(手の中でぎゅっと絞るときの量)
②バター8g 分けてあるものなら1個
③ごはん180gくらい(中椀1杯くらい)
④醤油せんべい1~2枚(枚数や味は好みでOK)
⑤ごま少々
⑥醤油 小さじ1杯くらい(漬物やせんべいに味がついていますので、濃いめの味を好まれる方は大さじ1杯)
備蓄にあれば,↓下の食材も合います。なければ↑上までの食材で充分に美味しくいただけます。
⑦卵1個
⑧ちくわ1本 (細かく刻んでおきます)

A.フライパンに②をひき①を入れて炒めます。
B.Aに⑦と⑧を入れて、少し炒めて温めたごはん③を入れて炒めます。
⑥は入れなくても味はついていますが、お好みでいいと思います。細かく砕いた④と⑤をいれて軽く混ぜたら出来上がりです。

2020年のこの変革期は、家の中でできることをドンドン行動していくとよさそうです。
やる気が出て睡眠にいいストレッチ、免疫力をあげるといわれている食材を使った食事、お風呂でリラックスなどこの際、毎日に変化をつけてアレンジして笑顔ですごしてください。

少しでもお役に立てると嬉しいです。

ブログを読んでいただきありがとうございました。